Barrier-freeバリアフリー

全ての人に優しい家へ

すべての人に優しい家へ。将来の自分のため、同居している家族のため、
理由は様々ですが、みんなが安心できる家づくりをご提案致します。

日本人の3人に1人が高齢者に

少子・高齢化社会の現代において、バリアフリーの必要性はますます高まっています。
新築、リフォームいずれにしても、【バリアフリー】を前提として考える必要があり、
税制面の優遇や補助金が設けられていることもあり、
バリアフリーリフォームの施工件数は年々増加しています。

基本工事

1番目に手すりの設置を行います。

移動の際の転倒防止や、つかまり立ちができるよう、手すりの設置を行いましょう。手すり設置は比較的簡単にできるバリアフリーリフォームです。主な設置場所は、トイレや浴室、玄関、廊下などです。取り付ける場所によって、手すりの形状や施工方法、かかる費用も異なります。

2番目に段差解消を行いましょう。

つまづきによる転倒防止や、車いすでの移動を容易にできるよう、段差を解消しましょう。台車やベビーカーなどの出入りも楽になります。具体的には、敷居を低くしたり、床のかさ上げやスロープを設置することで各室間の床の段差や、玄関から道路までの通路等の段差を解消します。

2番目に段差解消を行いましょう。

つまづきによる転倒防止や、車いすでの移動を容易にできるよう、段差を解消しましょう。台車やベビーカーなどの出入りも楽になります。具体的には、敷居を低くしたり、床のかさ上げやスロープを設置することで各室間の床の段差や、玄関から道路までの通路等の段差を解消します。

3番目に廊下幅などの拡張を行いましょう。

廊下は、車いすでの移動や、後に手すりなどを付けることを考慮して、十分な幅を確保しましょう。廊下幅を広げるには、隣接する部屋の間取りを変更することになり、壁を解体しなければならないので費用がかさみます。隣接する部屋の状態によっても難易度が異なるので、かかる費用は工事内容によって大きく変わってきます。

福祉用具専門員とともにご相談をお受けします。

福祉のリフォームには専門的な知識がいります。例えば、トイレのドアを広げようと思った時に、
車椅子の幅や、手すりの場所などを取り付ける場所にも知識が必要となります。
福祉用品の専門員とともにリフォームを行うことで、ご安心いただけるバリアフリーリフォームをご提案いたします。

詳しくは一度お問い合わせください!